忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

効果


アメーバブログのブックマークにいつから埋め込まれたかはわかりませんが、nofollowの件もあるので、ぺたの被リンク効果は、「今は」ないのではないかと思ったのです。前はぺたにも効果があったかもしれません。ただし、記事へのコメントの被リンク効果は望めるので、コメントは承認制にしてコメント欄を開放した方が被リンク効果を得ることが出来ます^^。ですので、ペタに時間を費やすより、記事の投稿、コメントをチェックして承認することに時間を費やした方が、よっぽど被リンク効果が得られるというわけです。
アメーバブログのユーザーは減っていっているかもしれません。アメーバブログのスタッフブログへのコメント欄には、文句が多く書き込まれていますから^^;。何かお知らせをすると、そのお知らせの内容に対して罵る(笑)。いつだったか忘れましたが、数年前、何かお知らせの記事のコメント欄はものすごくあれていました・・・。なんだったかなぁ・・・。

ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
日本語URL効果が長く続かない理由。コンテンツが中長期的SEO効果齎す
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
PR